<お役立ち情報>最高峰クレジットカードのダイナース

クレジットカードは計画性を持って利用しなければ、後々支払いが困難になってしまい大変なことになってしまいます。
自分の月収を再度確認し、生活に支障の出ない範囲内で便利にクレジットカードを使用していきましょう。 通常BMWなどの高級車を購入する際にはクレジットカードの利用は出来ませんが、BMW ダイナースカードならそれが可能となります。
さらにカード利用により有効期限の無いダイナースのクラブポイントを獲得出来るので一気にポイントが貯まっていきます。

 

「BMW エマージェンシー・サービス」が魅力的なBMW ダイナースカードなら、BMWのトラブル時に大活躍することでしょう。
また年間100万円以上のカードを利用することによって「BMWオリジナルグッズ」がもらえるという特典もあります。BMW ダイナースカードというのは世界でも最高峰のクレジットカードとされるダイナースクラブとBMWジャパンが提携したクレジットカードとして注目されています。
ダイナースクラブ本来の特典とサービスに加え、BMW のオリジナルサービスがコラボレーションした便利なクレジットカードです。



<お役立ち情報>最高峰クレジットカードのダイナースブログ:19-9-18

一般的におかしやケーキは、
「シェイプアップの大敵」と言われています。
これは、客観的に見ると「真実」だと思います。

しかし「シェイプアップの大敵」は、
本当にシェイプアップ中は、
一切摂ってはいけないものなのでしょうか?

そこでおいらは、おかしについて調べてみました。

まず、おかしを食べた時の身体の動きを追ってみると…

糖分が多いおかしを食べると急激に血糖値が上がり、
インスリンと言うホルモンが分泌され
その作用によりその血糖を脂肪に変えて、脂肪細胞に貯め込みます。

血糖値は急激に上がるので、食べたその時は腹が膨れますが、
インスリンが大量に分泌されると、その血糖を脂肪に変えて貯め込むので、
今度は急激に血糖値が下がります。
血糖値が下がると、今度は空腹感が襲ってきます。

つまり、おかしやケーキなどの糖分が多い食品は
「その場の満腹感はある」
「しかし、脂肪に貯め込みやすく」
「すぐに腹が空いてしまう、腹持ちの悪い食品」
なのです。

だから「シェイプアップには大敵」の食品なんですね。

また砂糖の甘みは、
脳の摂食中枢に直接刺激を与えるものであり、
食べた記憶が強く脳裏に焼きつきます。

これによって、
実際にはおかしが空いていないのに、
テレビのCM等を見ただけで食べたくなってしまう
「認知性食欲」も刺激されやすいのです。

これが「間食」の引き金になっています。

特に女性の身体は、
妊娠や出産と言う「大仕事」をこなすため、
その様な場合に備えて、
普段からエネルギー貯蔵しようする本能が強くなっています。

これがいわゆる「果物は別腹」的な現象の理由なんです。


このページの先頭へ戻る